Takako Oishi – THE END OF THE END OF THE END OF THE END

昨日のパーティーは、ものすごかったです。とっても広ーい会場に、何百人かのアーティストとその友人が詰めかけていました。この会場となったFlux Factoryは、パーフォーミングアーティストを支援するNPOらしく、そのせいか、広い倉庫のような場所が、細かくたくさんの部屋に仕切られていて、今回のパーティーでは、それぞれの部屋をそれぞれのアーティストが飾り付けし、それらの小部屋ごとに、パフォーマンスやらライブやらが繰り広げられていました。オルタナティブジャズの部屋、ノイズテクノでダンスする部屋、アコースティックな女の子の歌の部屋、エレクトリック民族音楽系バンドの部屋、ビデオアートの部屋、DJ付きのダンスの部屋3つ、、、などなどなど。屋上+大小20個くらいの部屋で大変なことになっていました。

呼ばれていたミュージシャンがみんなレベルが高く、アーティストも納得のカッティングエッジな ライブパフォーマンスが同時に各部屋で行われていて、長居しても全然飽きないパーティーでした。結局、夜9時くらいから行って、3時くらいまでパーティー にいました。6時間も同じパーティーにいて飽きないなんてなかなかないので、とても良いパーティーだったのだと思います。人生のなかのCrazy parties トップ3にランクインするような楽しいパーティーでした。

また、さらに素晴らしいのが、このパーティー、入場料が一般10ドル、学生5ドル。さらに、ハンターMFAでは生徒会のお金でビールが既に買ってあって飲み放題、たった5ドルで6時間も楽しみました。コストパフォーマンスのことも考慮すると、間違いなく今までに行ったパーティーの中では一番のパーティーだったと言えます。

携帯でとった写真しかありませんが。載せておきます。

バンドの名前がわからないのですが、そのうち調べてまた改めて紹介します。

f:id:takakooishi:20081101020803j:image

read more here

Comments are closed.